一人暮らしに関して

一人暮らしの食事にかかる費用を月15000円以下に収める方法を公開

食費にお金がかかりすぎている人
食費にお金がかかりすぎている人
食費を減らすのって難しいよな…。もっと遊んだり趣味にお金使いたいし貯金もしたい…。でも家賃減らすことなんかできないし、減らすなら食費しかないよな…。どうやったら食費を抑えることができるか具体的な方法を教えてください。

こういった疑問に答えます。

食事にかかる費用が高くなる原因を知る。

食事にかかわる費用が高くなってしまうのは「外食」が原因です。

僕が「外食」と言っているのは、飲みに行ったり友達とご飯に行くことを指すのではありません。(僕の中でこれは交遊費)

安い食堂で食べたりコンビニ弁当を買ったりする毎日の食事のことを言っています。

外食と自炊を比べると、同じ料理を食べたとしても一回当たりの食費が外食のほうが高くなってしまいます。

朝ご飯をコンビニのパンとコーヒーで250円

昼ご飯を食堂の定食で500円

晩御飯を食べに行くと650円

このように安く済ませても1日1400円もかかる!

このような普通の食事をするだけで月に42000円もかかってしまいます。

外で焼きそばを食べるときは300~400円はかかります。

でも、焼きそばを自分で作る時はどれだけ大盛にしても100円もかかりません。

どれだけ安い店を探しても、どれだけ安い料理を食べても、自炊よりは安くありません。

外食は高くつくんです。

確かに外食で済ますと食材を買いに行ったり、料理を作ったり、洗い物をしたりする手間がなくなるので、楽に食事をとることができるし時間に余裕が生まれます。

しかも、めんどくさくないです。

学校や仕事で疲れて帰っているのに、料理をする気になれないのもわかります。

ですが、そこで外食を我慢して自炊をすれば月々の食費は15000円にまで抑えることができます。

つまり、27000円の費用を抑えることができるんです。

ちょっとでも余裕がある生活をしたいし、友達と遊んだり、趣味にお金を使いたくないですか?

そのようなお金の使い方ができないのは「外食」が原因で、自炊をすれば食費を抑えることができます。

あなたが自炊できないのは習慣化できていないから。

食事にかかる費用を抑えたくて「自炊」を始める人はまず費用を抑えることではなくて、自炊を習慣化させることを目標にしましょう。

習慣化できていないと、小さな理由をつけてすぐに外食で済ましてしまいますし、最初から費用を抑えようと頑張っていると、すぐにめんどくさくなって外で済ますようになってしまいます。

例えば、仕事・勉強が忙しかった日や家に帰るのが遅くなる日です。

そんな日に家に帰ってからご飯を作って、さらに次の日のお弁当まで作るのはとてもめんどくさくなります。

習慣化できていない人「帰りに安いお弁当でも買って、明日の昼ご飯も何か買って済ますか。」

習慣化できている人「帰ってから簡単な料理でパパっと済まして、明日のお弁当は残り物でいいか。」

忙しくて疲れた日に、しっかり自炊できるかできないかで月々の食費を「15000円」以下に抑えれるか抑えれないかが変わってきます。

確かに「1日ぐらい外で済ましてもそんなに費用は変わらない」という意見もわかります。

ですが、そのようなしんどくて疲れる日が1カ月の中で1日だけとは限りません。

次の日もその次の日も、忙しくて疲れているかもしれません。

「今日だけは」という気持ちで外で済ますと知らない間に食費が高くなってしまいます。

なので、食事にかかる費用を抑えたくて「自炊」を始める人はまずはお金のことではなく、自炊を習慣化させることを目標にしましょう。

自炊が習慣化された後の世界を説明しよう【料理にかかる費用の感覚をつかもう】

自炊することを習慣化できたら、次は「ある料理を作るのにどれぐらいの食材が必要でどれぐらいの費用が掛かるのか」という感覚をつかみましょう。

この感覚さえつかめれば、月々の食費を「15000円」以内に抑えることができます。

月々の食費を「15000円」以内に抑えようと思うと、1日の食費は約500円です。

500円もあれば色々な料理をたくさん作れます。

自分の食べる量を計算して、その料理にかかる費用を理解できれば1日500円でおいしい料理を3食作ることなんか簡単なんです。

ある一日の献立

『朝ご飯はトーストと目玉焼き』

『昼ご飯はお弁当のおかずに卵焼きとウインナーと揚げ物に白ご飯』

『晩御飯は鶏むね肉の照り焼き』という普通の食事を作ったとします。

これだとかかる費用は↓

朝ご飯→食パン20円・卵20円で合計40円

昼ご飯→卵20円・ウインナー40円・揚げ物30円・白ご飯45円で合計135円

晩御飯→鶏むね肉300g 150円・野菜50円・白ご飯45円で合計245円

1日の食材にかかる費用は420円なので、調味料の費用を入れても1日に500円を超えません。(これはあくまで例の一つにすぎません)

安い食材とレシピさえあればおいしい料理を毎日おなか一杯食べることができます。

僕が今言った食材の値段が安すぎるんじゃないのか?本当にその値段で手に入るのかよ!っていう意見もわかります。

確かに僕も最初はこんなに安い値段でこれらの食材を常に用意することはできませんでした。

でも、何回か買い物に行っていると

・今日は肉と野菜が安い?

・先週より安くなった?高くなった?

・この店よりあの店のほうが安いな

ってことがある程度わかってきます。

(店によっても時期によっても値段が違うということは覚えててね!)

なので、自炊を習慣化した後は「ある料理を作るのにどれぐらいの食材が必要でどれぐらいの費用が掛かるのか」という感覚をつかんでおいしい料理を食べながら費用を抑えましょう。

まとめ

今回の記事は「一人暮らしで月々の食費を15000円以内に抑える方法」ということで、その方法をご紹介しました。

食費を抑えることができない原因を理解する。(外食)

↓↓↓

次に毎日自炊をするためにすることを理解する。(習慣化する)

↓↓↓

1日の食費を500円までに収める。(料理を作る時にかかる費用の感覚をつかむ)

この順番でやっていけば、必ず食費を月15000円までに抑えることはできます。

そんなにしんどくないので、ぜひ試してみてください。

ABOUT ME
チイタ(chiiita)
チイタ(chiiita)
大阪の堺市出身で二十歳の男です! 小さいころ自転車で遠出するのが好きで、乗り物がバイクに変わっただけです! 高校2年生の時に原付の免許を取得して走り回っていて、大学に入る前に大型自動二輪の免許を取得しました! ただ乗ってるバイクは、中型のVTR250ですww 常に走り回ってるので見かけたら声かけてください! あと、今年の春から一人暮らしを始めました! なので、生活について勉強中ですww